メールでやりとりをしているときとは違って、カカオトークのようにチャットでのやりとりがメインになってくると、注意しなければならないことが出てきます。
特に返信するまでの時間に関しては、メールではある程度遅くても問題にはならなかったでしょう。
急用の場合には、メールではなく通話という事もありましたから、ある程度は余裕がありました。
ですが、チャットの場合にはメールとは違って、すぐに返信しなければならないことが多いのです。
特にカカオトークで行っているチャットの場合には、相手が読んだかどうかが分かる既読機能が付いているので、誤魔化すわけにはいかないのです。
返事が出来そうもないときには、気になっていても確認しない方がいいでしょう。

そして一回のメッセージが短文になっているのもメールとは違う部分です。
メールでは一回で用件を済ませるでしょうが、チャットの場合には何度もやりとりを行うので、いろいろな事を一度にまとめる必要はないのです。
やりとりの回数も多くなるので、長文にならないようにしましょう。
時にはスタンプだけで返信が返ってくることもありますし、自分でも面倒な時などはスタンプだけで返してもいいのです。
ただ、あまりスタンプばかりになると、手抜きに見られるのでほどほどにしましょう。

類似したアプリよりも魅力があった

カカオトークが人気を集めていますが、他にもスマートフォンには似たようなアプリがいくつかあります。
それでもカカオトーク一つに人気が集まってきたのは、他にはない機能があったからかもしれません。

カカオトークのようなサービスの場合には、他にも利用している人がいることが重要なポイントになります。
いくら自分は気に入っていても、他の友達が利用していなければ、楽しむ相手が見つからなくなってしまいます。
ですから、少しでも利用者が多くなれば、そこからは一気に利用者数が伸びてくることもあるのです。
そういった部分では広告戦略が上手くいったという事も考えられます。
ただ、いくら宣伝をしたとしても、それが集客に繋がるとは限らないのです。
やはり他にはない独自機能があるからこそ、実際に利用して見たくなる人も多くなるのです。
その意味で大きなポイントになるのが、スタンプ機能ではないでしょうか。
チャットなどの利用であれば、他のアプリでも十分だったかもしれません。
ですが、絵文字よりもスタンプは楽しい部分があるので、ハマる人も多く出現したのです。
宣伝するだけの機能があったからこそ、利用者の気持ちを引きつける事が出来たのでしょう。
それが今のカカオトーク人気に現れているのです。

コメントは受け付けていません。